歯科治療の中で、インプラントとクラ

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。
人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。
入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。
ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ