人工歯の中でも、インプラント治療はほ

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ