手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛み

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けることも考えるべきです。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、可能な限りの情報を集めるしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ