術後の腫れではないでしょうか

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ