インプラント治療の大きな問題

インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。
放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。
手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるということも考えていきましょう。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ