様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。
この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ