インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとっ

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。
院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいと考えてはいけません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。
典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ