インプラント治療はかなりの技術を要

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。それは違います。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査には問題ないのです。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。
また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ