数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。
障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険がきかない理由ははっきりしています。この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ